FC2ブログ

ブリトニースピアーズのケースは参考になりません

ブリトニースピアーズのケースは参考になりません に関する記事です。
留学手続き総合情報局 TOP
ブリトニースピアーズのケースは参考になりません
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000625-bark-musi
参考記事
ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーラインが、破局から4ヵ月を経てようやく離婚条件に合意したと伝えられている。

英タブロイド紙によると、ブリトニーはケヴィンに総額1,900万ドル(約22億4,000万円)を支払い、2人の息子ショーン・プレストン(1歳半)とジェイデン・ジェームズ(6ヵ月)の親権は共同保有することに合意したという。最終協議はブリトニーがまだリハビリ施設にいる間に行なわれたらしい。

ケヴィンは離婚によって、慰謝料200万ドル(約2億3,000万円)のほか、婚姻期間中にブリトニーが得た収入の半額、及び一家が住んでいたマリブの自宅の売却益の半額を手にすることになる。

しかし、米メディアの中にはこの数字を否定し、ケヴィンが受け取る額は10分の1以下だと報じるところもある。実は鉄壁の婚前契約書が存在し、ブリトニーの財産は厳密に守られているとも。

いずれにしろ、このところ噂されていた復縁説とは裏腹に、実際には正式離婚に向けての手続きが着々と進められている模様だ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryugaku2007.blog95.fc2.com/tb.php/21-5959529c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Add to Google 人気blogランキングへ にほんブログ村 国際交流 ブログランキング
ブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】